ハッシュタグ 999投稿目のカスタム・ツーリング情報4件

  • グーバイクTOP
  • モトクルTOP
  • ハッシュタグ 999投稿目の検索結果一覧(1/1)
  • 999投稿目の投稿検索結果合計:4枚

    「999投稿目」の投稿は4枚あります。
    12Rかばち隊999投稿目zx-12r俺RIDE東◯海平 などのタグがよくつけられています。投稿されたツーリングスポット情報・カスタム事例など999投稿目に関する投稿をチェックして参考にしよう!

    999投稿目の投稿写真

    999投稿目の投稿一覧

    • 1
    • マリン後輩さんが投稿した愛車情報(Ninja ZX-12R)

      Ninja ZX-12R

      2021年03月22日

      92グー!

      思えば今年で40になろうとしていた。
      あぁ、年月ってヤツは早いもんだ。
      そんなことを考えながらスロットルを開けて走っていく……

      「うおッ!」
      スクリーンから顔を出しては引っ込める。
      現在、俺は愛車のZX-12Rに乗って鹿児島を目指していた。
      目的地は佐多岬。
      理由は無い。強いて言えば、なんとなく行かなくてはと思ったからであろうか?

      メーターの針は時速250キロ越え。
      轟音と振動の中を、スクリーンとカウルに守られて貫いていく……

      あと600キロ。
      スマホのナビを一瞥し、ただ黙々と山陽自動車道を走っていく。
      思えば12Rとの付き合いも15年、距離にして16万キロを突破した。
      新車で買ったコイツも、もう立派な旧車(ロートル)だ。
      何度もコケた、何回も修理した、もはやエンジンなんて3機目、新車(あの頃)から残っているのはフレームとメーターぐらいのモノである。

      500。
      SAにて180キロ毎の給油をしながら、ミラーに映った自分の顔を見る。
      メットの中の浅黒く焦げた肌、目尻のシワ、、、
      「……フ、老頭児か」──笑えんな。
      そう呟いて──良し。
      並々と注がれたハイオク、腹ごしらえをした愛車のダミータンクを撫でて、メットのシールドを閉じる。
      「おん?」
      ふと隣に入ってきたライダーと目が合った。
      乗ってるバイクは現行のSS。
      そして乗ってるライダーもメットから見える目と肌がピチピチに見えた。……現行車(者)か
      「ガハハ!」
      声高らかに笑い、そして互いにペコッとお辞儀をして。
      ヴォヴォヴォヴォ、バァンッ!
      ヴゥゥゥゥアァァァァンッ!
      耳をつんざく爆音をかき鳴らして再び走って行く。

      300。
      中国道から九州自動車道へ。
      「ぬぬぬ!」
      ラグナセカばりのテクニカルカーブに悪戦苦闘、時速300キロにも耐えうる剛性が仇となり、カーブの度に凄まじいGに全身の筋肉が悲鳴を上げる!
      踏ん張る足の親指がつる!
      ハンドルにしがみつく腕の上腕がピキピキと震える。
      右へ左へと移り行く状況に目が追いつ──
      「舐めんな! そんなにジジイじゃねぇ!」
      気合いと根性でねじ伏せていく!
      昔の俺よ、ほら見ろ!
      まだまだぁ!俺ぁまだ耄碌しとらんぞ!
      170キロ越えで走って行く……

      100キロ。
      九州最南端の桜島SAを横目に通過し、下道へ。
      再び愛車にハイオクをがぶ飲みさせて桜島フェリー乗り場へと急ぐ!
      しばし休憩。
      愛車の上に突っ伏す。待合室には行かない、寝そうだった。
      そして時間になりフェリーの中へと進んでいく……

      短い航路。
      名物のやぶ金うどんを無心で食べる。
      「おおぅ~! ふぁぁぁ」
      見えてきた陸に心が踊る、鎌首をもたげる睡魔に目蓋が痙攣する。
      では行かん!
      カタパルトから飛び出すガンダムが如く桜島へと勇み入る!

      90
      海沿いの224~269号線を目薬とエナジードリンクをキメて走っていく。
      「おう!」「おお!」「おんおん!」
      すれ違うライダー達とヤエーを交わす。
      気持ちの良いワインディング、思わずスロットルをラフに開け──
      ……かけて。
      「──」
      思い留まる。
      見れば田園風景の合間、側道にパンダカラーのア奴らが待機していた。
      「~♪~♪」
      鼻歌混じりに走っていく~
      もう少し……もう少しで……
      そして。

      「ハァァァ」
      モニュメントの前に愛車、ZX-12Rを停める。
      騒ぐ風と磯の香りを全身で感じる。
      しばし目を閉じて、心が凪ぐまで静かに待つ。
      「………」完了。
      気持ちを切り替えて出発する。

      ──そして。
      「到着」
      ついにあの大きな木の下へと着いた。
      緩い傾斜の駐輪場に愛車を停めて、岬のベンチにドカッと座り込む!
      「があああ」
      オッサンのようなタメ息とも言えぬトンチキな言葉。
      続いて、自販機で買った白熊ジュースを胃に流し込む。
      「あっま!」だがそれが良い。
      思えば遠くに来たもんだ。
      見れば日も暮れ始めているではないか。
      目を細めて大海原に沈む夕日を眺める……

      ボンボンボンボンボンッ!
      ふと、聞こえてきたバイクの排気音に振り返る。
      「あ」
      思わず声を上げる。
      「あ!」
      向こうのライダーも声を上げる。
      先のガソスタで会った現行車(者)がソコには居た。

      「昔、父が12R乗ってましてね」
      若いライダーが俺の12Rを眺めながら、しみじみと言葉をつむぐ。
      「いやぁ、君のバイクにゃ敵わないよ」
      俺はライダーのSSを見て、謙遜する。
      かたや型落ちの時代に忌み嫌われた忌み子、かたやメーカー最先端の鬼の子、比べるまでも無いだろう……
      「バイクって良いですよね」
      ライダーが俺の言葉を無視し喋る。
      「何十年経っても色褪せないんです」
      「色褪せない?」
      「だってオジさ……兄さん12R好きでしょう?」
      「ああ、好きだよ」
      俺は即答した。
      「俺もいつかそうなりたいです」
      若いライダーが西日を受けながら、自分の愛車のSSを眺める……

      その姿に昔日のあの日の俺が重なる。

      「……どうしました?」
      ライダーが首を傾げる。
      「いや、何でもない」
      ……何でも……無いさ。
      「あ! そうだ!ちょっと待ってて下さい!」
      若いライダーが小走りにどこかへと走っていく。
      「ハァハァ、さ!どうぞ!」
      そして走って帰って来て俺に何かを差し出す。
      ……なるほどね。
      「再会を祝して!」
      白熊ジュースがソコには合った。
      「アリガトウ」
      笑ってソレを受けとる。
      「「乾杯」」
      ジュースをぶつけ合い、杯を交わす。
      甘ったるい味、のど越しに悪戦苦闘。
      「っぷはぁ~うめぇ~ッ!」
      若いライダーが一気に飲み干し空き缶を高らかに掲げる!
      「若いな~」
      俺も遅れて、3度に分けて飲み干し空き缶を高らかに掲げた。

      バイクに乾杯! ライダーに乾杯!
      嗚呼、オートバイに乾杯!


      #ZX-12R #俺RIDE #東◯海平 #鹿児島リベンジしたい #999投稿目 #12Rかばち隊

    • 1