ホンダ  CT125ハンターカブ

年式別カタログ

INFO

東京モーターショー2019に出展されたCT125が、2020年の新型モデル「CT125ハンターカブ」として発売された。往年のトレッキング向けスーパーカブこと、CT110(1981年)をそのまま蘇らせたかのようなスタイルが特徴で、ベースとなったのは、スーパーカブC125(2018年-)だった。但し、外装パーツの交換によって作り上げたというわけではなく、フレームにも、エンジンの吸排気にも、駆動系にも、不整地路走行に適した仕様変更が加えられていた。始動はセル/キック併用式。車体色は、CT110と同じイメージの赤と、サンド系ブラウンの2色が用意されていた。

主要スペック

型式2BJ-JA55
全長(mm)1960
全幅(mm)805
全高(mm)1085
シート高(mm)800
乾燥重量(kg)
総重量(kg)120
サスペンション型式(前)テレスコピックフォーク
サスペンション型式(後)スイング・アーム式
キャスター角(度/分)27/00
トレール(mm)80
ブレーキ型式(前)油圧式ディスク
ブレーキ型式(後)油圧式ディスク
タイヤサイズ(前)80/90-17M/C 44P
タイヤサイズ(後)80/90-17M/C 44P

エンジン・トランスミッション

型式JA55E
エンジン種類空冷4ストローク・単気筒OHC
総排気量124cc
圧縮比(:1)9.3
ボア(mm)52.4
ストローク(mm)57.9
最高出力(kW/rpm)6.5(8.8PS)/7000
最大トルク(N・m/rpm)11(1.1kg・m)/4500
始動方式セルフ式(キック式併設)
点火方式フルトランジスタ式バッテリー点火
クラッチ方式湿式多板コイルスプリング式
変速機型式常時噛合式4段リターン
燃料供給方式インジェクション
潤滑方式圧送飛沫併用式
燃料タンク(L)5.3

対象バイク一覧

もっと見る