今キテる!これから来る!おすすめバイク特集

YO!寄っていきなHEY MAN!もうすぐ夏本番!みんなバイクにまたがり太陽SUN SUN!?
今日は特別にピースな愛のバイブスで、そしてポジティブな感じでグーバイクスタッフがお勧めの一台を紹介していくぜ!
ハーレー、DUCATI、HONDA、YAMAHA、SUZUKI、KAWASAKI.....全てのメーカーにbig up!そんなリスペクトを込めてお送りする、グーバイクスタッフが独断と偏見で選ぶ!今キテる!これから来る!バイクを大特集!

ヤマハ
MT-09
グーバイク東北版
 編集長オススメ

グーバイク
東北版編集長

世界的なデザイン賞も受賞したMT-09。未だ人気好調で発売当初は4ヶ月、5ヶ月待ちの状態で売れに売れたバイクです。デザインもさることながら装備重量が188キロ、110馬力と、かなり楽しめるマシンだと思います!リターンライダー、初心者にも軽い!と絶賛のMT-09!価格も約85万円とリーズナブル!かなりお勧めできる1台です!

ヤマハ MT-09
総排気量846 cc
全長2075mm
全幅815mm
全高1135mm
MT-09を探す

ヤマハ
YZF-R1
グーバイク北関東版
 編集長オススメ

グーバイク
北関東版編集長

1998年にホンダのCBR900RRに対抗し当時最高クラスのエンジン出力でスーパースポーツの火付け役になったバイク。中でもR1の完成系とも言われる5バルブの5VYはスタイリングも美しく、他メーカーのSSバイクとは一線を画す。今年モデルのR1も魅力的ですが、どのモデルもスタイリング・走りともに最高水準です。

ヤマハYZF-R1
総排気量997 cc
全長2070mm
全幅715mm
全高1130mm
YZF-R1を探す

ドゥカティ
スクランブラーアイコン
グーバイク首都圏版
 編集長オススメ

グーバイク
首都圏版編集長

ドゥカティと言えば、スーパースポーツのイメージが強いですが、イメージを覆したバイクですね!
ただ、エンジンはドゥカティの象徴ともいえる空冷L型ツイン。間違いなく乗りやすく色々な世代が楽しめるバイクなのは間違いないですね。それでいてお洒落!
ドゥカティさん、やってくれましたね!!

ドゥカティスクランブラーアイコン
総排気量803 cc
全長2100-2165mm
全幅845mm
全高1150mm
スクランブラーアイコンを探す

ロイヤルエンフィールド
コンチネンタルGT
グーバイク東海版
 編集長オススメ

グーバイク
東海版編集長

何と言ってもこのレトロ感がたまりません!街中を走っても目立ちますよ!ノーマルでカフェスタイルになっていますので、カスタムしなくてもOK!ブレーキもブレンボがついており安心です。オシャレに乗りたいけど、皆と同じ物は…という方には必見です!標準装備を見てもこの価格は相当魅力的だと思います。イギリスで生まれインドで育った最古のバイクメーカーの傑作です。

ロイヤルエンフィールドコンチネンタルGT
総排気量535 cc
全長2060mm
全幅760mm
全高1070mm
コンチネンタルGTを探す

カワサキ
VULCAN S
グーバイク関西版
 編集長オススメ
グーバイク九州版
 編集長オススメ

グーバイク
関西版編集長

タンデムシートに座る人の足が地面にしっかりつく程、足つき良好なのが特徴です。しかもフットペグ位置が3段階に調節が可能となっており、女性でも軽々操作できる軽さも魅力。650ccとは思えないほどトルクフルで街中はもちろん高速でもストレスのない走行が期待できます。2015年、カワサキが満を持してリリースしたニュータイプアメリカン!試乗キャンペーンも行っているようなので、お近くの正規ディーラーに足を運んでみてはいかがですか?

グーバイク
九州版編集長

カワサキのクルーザー、バルカンの名前が復活!先代バルカンとは大きく印象が異なる近代的なデザインで、エンジンはなんと650cc並列二気筒を採用しました。ファンライディングアーバンランナーの名の下、既存のアメリカン/クルーザーの常識にとらわれないスタイルが素晴らしいと思います。
650ccの適度なパワーと鼓動感、現代的な扱い易さが相まって、長く付き合えること間違いなしの1台です!

カワサキ VULCAN S カワサキ VULCAN S
総排気量649 cc
全長2310mm
全幅855mm
全高1090mm

カワサキ
Z1
グーバイク中四国版
 編集長オススメ

グーバイク
中四国版編集長

当時カワサキが世界最速の威信をかけて技術の粋を集めて開発されたと言われるZ1のデビューモデル!正式名称は「900Super4」らしいですが、型式の方が有名になり「Z1」となったようです。カワサキがはじめて車名に「Z」をつけた元祖モデルとなり、その意味はアルファベット順の最後の「Z]で「究極」、「1」は「NO.1」という意味が込められているとのこと。人気、知名度共に絶版車のトップとも言えるZ1はいつかは乗ってみたいと思う稀代の名車です!

カワサキZ1
総排気量903 cc
全長2200mm
全幅865mm
全高1170mm
Z1を探す

ハーレーダビッドソン
XL1200X スポーツスターフォーティーエイト
グーバイクweb
 担当オススメ

グーバイク
web担当

スポーツスターの中で不動の人気車種!
ロー&ロングのスタイルを手に入れたハーレー渾身のカスタムモデルです。
容量7.9リットルというフューエルタンク故に給油を頻繁にしなきゃいけないのが難でもありますが
それを差し引いてもカッコイイビジュアル!そのまま乗っても良し、カスタムしても良しといったハーレーの醍醐味が詰まったオススメの一台です!

ハーレーダビッドソンXL1200X スポーツスターフォーティーエイト
総排気量1201 cc
全長2200mm
全幅850mm
全高1060mm
XL1200Xを探す
他にもグーバイクにはたくさんの車種があるからCheckしていきな!グーバイク鑑定付きバイクなら信頼納得のバイク選びが可能なんだぜ!Check it out!!
グーバイク鑑定付きバイクを探す!
グーバイク鑑定とはを詳しく解説