バイクのブレーキレバーのメンテナンス・交換方法

ブレーキレバーが握りにくい、ガタつきが目立つようになったという場合、メンテナンスや交換を行い対処することが望ましいとされています。ここでは、バイクのブレーキレバーのメンテナンス方法や交換方法についてピックアップしました。

ブレーキレバーのメンテナンス方法

ブレーキレバーは走行時に必ず使うパーツです。車体の制動に使う大事なパーツですので、走行前の点検を行いチェックすることが大切です。握りにガタつきが無いか、レバーを握った時の「遊び」に余裕があるか、変形や折れ、固定ナットやピボットボルトの緩みが無いか等を確認します。

ライダー自身がセルフで行えるメンテナンスは清掃やグリスアップです。ブレーキレバーの固定ナットを外した後にピボットボルトを取り外します。すると、ブレーキレバーが外れます。取り外したブレーキレバーやボルト類はパーツクリーナーとウエスを用いて古くなったグリスや汚れを取り除きます。その時にボルト類の摩耗や劣化の点検も行います。

ブレーキレバーの可動部とブレーキマスタ側の必要箇所にグリスを塗り、ブレーキレバーを元に戻します。後は余分なグリスを除去してメンテナンス終了です。最後はブレーキレバーのフィーリングを確認しましょう。

ブレーキレバーを交換するのも一案

手が小さいのでレバーの操作がしにくい、延長したい、もう少し細いレバーだったら便利かもしれない等、純正パーツではブレーキの操作がしにくいという方も見受けられます。カスタマイズパーツとして、長さが可変のブレーキレバーやグリップとの距離を調整できるブレーキレバーが多数販売されているので、交換してみることも一案です。

中でも、ブレーキレバーの位置が調節出来る商品をバイクに取り付けることで、ブレーキレバーを指に掛けた時に力が入りにくい現象を緩和出来ます。販売店の方に相談をしながらマッチングするパーツを探してみましょう。

ブレーキレバーを交換するのも一案

ブレーキレバーの交換方法

ブレーキレバーを新しい物に交換する際も、先ほど挙げたメンテナンス方法を参考にしながら作業しましょう。新品のブレーキレバーを取り付ける場合、ブレーキマスタ側のブラケット部等の清掃を必ず行うことが大前提です。また、装着時にはグリスアップを行い、金属同士の摩擦が起きないように気を付けます。

取り付け後にブレーキレバーのフィーリングに違和感がある時は、グリスが足りていないか、新品パーツとのマッチングに不具合があると言った症状が出ているかもしれません。目視で確認しても解決出来ない場合は、販売店へ調整を相談することをおすすめします。また、セルフでの取り付けや交換、メンテナンスに不安がある場合は、販売店へ定期的に点検を依頼しましょう。

まとめ

ブレーキレバーはライダーの命を守る大事なパーツです。日頃の点検整備があってこそブレーキをいつも通りの状態に保つことが出来ます。セルフメンテナンスだけでなく定期的に販売店へ点検を依頼し、万全のコンディションを維持しましょう。

本記事は、2016年12月9日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。