認証工場・指定工場とは

認証工場とは

車検を頼む場合、どこで受付をするにしても、実際に作業をするのは整備工場です。
そして、国から認証を受けた工場でないとバイクの分解整備(※)はできません。
これは、高度な知識・設備・技術が必要であること、分解整備によって自動車の安全や環境の保全が図られるという重要性から、認証制度が法に定められているからです。「認証工場」とは、地方運輸局長から認証を受けた工場のことで、確かな技術を備えた整備士が点検・整備を行い、安心して任せられる事業所です。
スタッフの資格や人数、工場の広さや設備機器、資金の基盤などの細かな基準が定められています。
※「分解整備」とは、原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、連結装置を取り外して行う自動車の整備又は改造をいいます。(道路運送車両法第49条第2項、同施行規則第3条)。

関東運輸局長認証 小型自動車分解整備事業 小型二輪自動車関東運輸局長指定 指定自動車整備事業 小型二輪自動車

国から認証された整備工場に掲げてあるのが、この「認証看板」です。この看板は、国で定められた基準によってバイクを点検し、皆様が安心して乗れるように必要な整備をしてくれる工場のしるしです。
認証または指定を受けてない工場は、エンジンを取り外して行う作業、ブレーキの分解して行う作業、ハンドル等かじ切り装置を取り外して行う作業などを禁止されています。

指定工場とは

指定工場は別名民間車検場と呼ばれ、車検ラインを持ち、陸運支局に代わって車検を行うことができる工場です。「認証工場」のうち、設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合している工場に対して、申請により地方運輸局長が指定自動車整備事業として「指定」をしています。この「指定」を受けた工場を「指定工場」と言います。