【メーカー別】バイクの故障率ランキング!

誰もが故障しにくいメーカーのバイクを購入したいと思うものですが、国内では故障しにくいメーカーのランキングなどを目にする機会は少ないといえます。どのメーカーが最も故障しにくいのか、利用者によって様々な意見が挙げられますが、実際にはデータとして統計が出されているのです。国内では目にする機会が少ないものの、海外でリサーチされている故障率のデータを紹介します。

バイクは故障しにくいメーカーを選びたい

バイクは故障しにくいメーカーのものを選ばなければ、アイドリングが不安定になるなどのトラブルが起こる可能性があります。アイドリングが不安定になるトラブルは、パーツが劣化し、安全かつ快適にバイクを利用できない状態です。故障しやすいバイクを選んでしまうと、修理費用がかさんだり、様々なトラブルや事故につながったりする可能性があるため、故障しにくいバイクを選ぶ必要があるでしょう。

バイクの故障率をメーカー別にご紹介!

バイクの故障率をメーカー別にご紹介!

故障しにくいバイクのメーカーは上位に日本のメーカーがランクインしています。海外のコンシューマーレポートがリサーチしたランキングは以下の通りです。

1位:ヤマハ、故障可能性11%
2位:スズキ、故障可能性12%
3位:ホンダ、故障可能性12%
4位:カワサキ、故障可能性15%
5位:Victory、故障可能性17%
6位:Harley-Davidson、故障可能性26%
7位:Triumph、故障可能性29%
8位:Ducati、故障可能性33%
9位:BMW、故障可能性40%
10位:Can-Am、故障可能性42%

上位は日本のメーカーが独占しており、ヤマハ・ホンダ・スズキについてはほとんど故障確率が変わらず、同率1位であるともいえます。ヤマハ・ホンダ・スズキの故障率は、10台リサーチしたうち1台は4年以内に故障する恐れがあるというリサーチ結果です。次いでカワサキが4位であり、4年以内に10台中2台程度が故障する可能性があるという数字となります。

日本メーカーは故障率が低い!

バイクの故障が原因で事故を起こせば、当然非常に危険なため、故障しにくいメーカーであるかどうかはバイク選ぶ際に重要なポイントとなります。コンシューマーレポートが発表したリサーチ結果は非常に役立つデータです。

バイクは移動手段として利用するだけではなく趣味で楽しんでいる人も多く、機能性や見た目を重要視する人も少なくありません。しかし、長時間安全に使用するためには故障しにくいかどうかが非常に重要であり、機能性やデザインよりも重視すべきポイントだといえるでしょう。

まとめ

  • 故障によるトラブルを把握しておく
  • 国産メーカーのバイクの故障率は低い
  • 最重要視すべきは安全性であり故障率は重視すべき

安全かつ長期間快適に使うためにも、故障率を参考にしてバイクを選びましょう。

本記事は、2019年6月28日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。