バイクはメンテナンス次第で10万キロ走れる!メンテナンス方法を解説

「バイクを買ったらどのくらい乗れる?」
「大切に乗っていたら長い間乗れるかな?」

バイクは車体が小さい分、購入する前からさまざまな不安があるでしょう。バイクはしっかり整備を行なえば、10万キロもしは、それ以上走行できる乗り物です。

そこで本記事では、10万キロ以上にわたってバイクに乗るための、バイクのメンテナンス方法を解説します。

バイクの寿命の目安は10万キロ

バイクに関わらず、エンジンがある乗り物では基本的に走行距離10万キロが、寿命の一つの目安ともいわれています。なぜ、10万キロが目安になるのか?というと、修理や交換する部品が多くなり、高価な部品も交換する場合がでてきたときに、バイクを買い替えたほうが安い場合があるからです。

また、走行距離が10万キロ未満でも、製造年月日が10年以上過ぎていたら同様のことがいえるでしょう。

バイクの寿命は、ドライバーの乗り方でも大きく左右されます。アクセルを全開に開いて加減速を繰り返せば、当然、傷みも早くなります。バイクに長く乗り続けているなかで修理代金が高額になってしまい、バイクを乗り換えたほうが安い場合には、修理をしないで新しいバイクに買い替えるのも一つの手段かもしれません。

10万キロを超えたバイクで必要な修理・交換部品

10万キロを超えたバイクで必要な修理・交換部品

10万キロを超えたバイクは、以下のような、さまざまな部品の修理や交換が必要になってきます。

  • レギュレーター
  • ジェネレーター
  • リアホイールのベアリング
  • セルモーターのブラシ
  • ブレーキディスクプレート(前後)
  • フロントフォークのステムベアリング&オイル
  • ブレーキキャリパー
  • クラッチ
  • タペット
  • ピストン
  • ピストンリング
  • カムチェーンテンショナー

走行距離が10万キロを超えると、エンジン関連の部品で故障が多く目立ってきます。安価な部品であれば交換して走行できますが、クラッチやピストンなどが故障してしまうと高額になり、工賃を加えたら、バイクを購入する金額に近くなってしまいます。

どうしても、修理をして乗りたいと思うくらいバイクに愛着がある場合は、エンジンなどをオーバーホールする手段もあります。

バイクを10万キロ超えるまで乗るための方法

バイクはエンジンの動力でタイヤを高回転に回すだけでなく、車体を動かすためには細かい部品やオイル、消耗部品も必要不可欠です。

そのため、長くバイクを乗り続けるためには、日々のメンテナンスが非常に重要になります。ここでは、バイクを10万キロ超えて乗るための、基本的なメンテナンスを紹介します。

エンジンオイルを交換

バイクのメンテナンスにおいて重要なのが、エンジンオイル交換です。エンジンオイルは、定期的に交換することでエンジンを正常な状態に保つことができます。
エンジンオイルは走行距離3,000キロ~5,000キロぐらい交換の目安なので、エンジンが不調になる前に交換をしてください。

オイルフィルターの交換

エンジンオイルフィルターは、エンジンオイル交換時、2回に1回の頻度が目安です。

エアクリーナーの交換

エアクリーナーは種類によって異なりますが、乾式タイプ・湿式タイプの場合は1万キロを目安に交換、ビスカス式の場合は1万5,000キロ~2万キロを目安に交換するのが良いでしょう。

また、乾式タイプと湿式タイプは、2,000キロ~3,000キロ程度で清掃するのが効果的といわれています。

洗車を日頃から行なう

洗車を日頃から行なうことで、バイクの愛着が増し、異変にもすぐに気が付くことができます。愛車をきれいにするためだけではなく、長期で乗るためには欠かせないメンテナンスといえるでしょう。

1回の走行距離や走行回数を増やす

バイクは、短い距離を少しだけ乗るより、長い時間走行したほうがエンジンやバッテリーの状態を良く保つことができるので、できるだけ多く乗ることを意識しましょう。

また、長時間バイクのエンジンをかけないで放置すると、エンジン内に結露した水分がオイルと混ざり、オイルが劣化してしまうので気を付けてください。

丁寧な運転を心がける

急発進、急加速、急ブレーキを行なうと、バイクに無理な動きをさせてしまい、余計な摩耗が起こってしまいます。そのため、高回転にエンジンを回さず、丁寧な運転を心がけましょう。

少しでも異常を感じたらバイクショップにメンテナンスを依頼

毎日バイクに乗っている方は、異変にもすぐに気付きやすくなりますが、たまにしか乗らないと異変や破損箇所に気が付かない場合もあります。

不具合を放置してしまうと、どんどん悪化してしまうこともあります。結果的に修理代金も高くなってしまうこともあるので、バイクの異変に気が付いたら、そのまま放置せずに、すぐにバイクショップでメンテナンスを受けるようにしましょう。

まとめ

今回は、バイクを10万キロ以上乗るためのメンテナンスの方法について紹介しました。

バイクは、定期的なメンテナンスをしっかり行なっていれば、10万キロも走れる乗り物です。しかし、エンジンやクラッチなどの大きな部品に関しては、どうしても経年劣化してしまうので、故障する場合もあります。そのときの状態によっては、修理より買い替えを検討したほうが安い場合があるのは事実です。

洗車をはじめ、定期的に簡単に行なえるメンテナンスを意識して、丁寧に乗ってあげることが、大切なバイクを長く乗れる大きな秘訣といえるでしょう。ぜひ、自身の愛車を細部までみて、メンテナンスをしてみてください。

本記事は、2020年6月29日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。