タイヤ劣化を防ぐ保管方法とは?屋外保管の注意はある?

夏用タイヤやスタッドレスタイヤなど、季節ごとでタイヤ交換をする方も多いでしょう。取り外したタイヤは、保管方法によっては劣化することをご存知でしたか?そこで、タイヤの最適な保管方法と屋外で保管する場合の注意点について解説します。

タイヤ保管の前にしておくべきこと5つ!

タイヤを保管する前に、次の5つのことを行っておくと劣化をより防ぐ効果があります。

汚れをキレイに落とす

タイヤに付着している汚れや油は、放置すると劣化の原因になるため、交換した時点で汚れを落とすことがポイントです。ブラシを使って水洗いし、それでも落ちない汚れは洗剤を付けて洗い流します。また、水分はタオルで拭き取り、陰干しで乾燥させてから保管しましょう。

劣化の原因を排除する

汚れや油、水分以外に、タイヤのゴムを劣化させる原因に次のことがあります。

  • 紫外線
  • 暖房器具などの熱源
  • オゾンを発生する機器

紫外線はタイヤを劣化させるため、屋外での保管よりも屋内の方が適しています。また、熱やオゾンを発生する機器は、タイヤの近くに置かないことが重要です。

高温多湿は避ける

高温多湿の環境で保管すると、タイヤの成分である合成ゴムが加水分解を起こし、劣化が進むことがあります。梅雨や夏は高温多湿になりやすいため、乾燥した冷暗所に保管しましょう。

床や地面に直接置かない

車庫の地面やベランダの床にタイヤを直接置いて保管すると、タイヤに含まれる薬品が染み出し、床を汚すことがあります。タイヤの下にダンボールを敷いておくと、薬剤が染み出ても吸い取ってくれるのでおすすめです。

変形を防ぐ

タイヤの接地面やサイド部分に重みがかかったまま保管すると、タイヤが変形するだけでなく、ホイールバランスが崩れる原因になります。タイヤを保管する際は、ホイール付きは横積み、タイヤ単体は横積み・縦積みのどちらかで保管しましょう。

屋外保管、タイヤを置くならこんな場所

屋外保管、タイヤを置くならこんな場所

紫外線はタイヤを劣化させる原因になるため、できれば避けた方が無難です。しかし、自宅で屋外しか保管場所がない場合、次の場所にするといいでしょう。

  • カー用品のタイヤ保管サービスを利用する
  • ガソリンスタンドに保管してもらう
  • レンタル倉庫

レンタル倉庫は、室内でタイヤを保管できる方法の1つです。しかし、密閉された状態になるため、高温多湿の時期は注意しましょう。タイヤを適切な環境で保管する場合、ガソリンスタンドやカー用品店のタイヤ保管サービスを利用するのがおすすめです。

タイヤ保管時に使いたいアイテムは?

保管するタイヤをより長持ちさせるために、次のアイテムを使うと効果的です。

タイヤ収納カバー

タイヤ収納カバーは、紫外線やオゾン、熱からタイヤを守る効果が期待できます。同時にホコリが付かなくなるので、キレイな状態のタイヤを保つことが可能です。

タイヤラック

タイヤラックは、タイヤを直接床に置かないので通気性がよく、タイヤにかかる負担を軽減することができます。また、タイヤの変形を防ぐ効果もあるので、長期間の保管に最適です。
ホイールを外す場合は縦積み用、ホイール付きで保管する場合は横置き用と、保管方法に合わせて選びましょう。

まとめ

  • タイヤを保管する前に適切な処置をすることで、劣化を防ぐことができる
  • 保管は冷暗所が適しているが、自宅にスペースがないときはガソリンスタンドやカー用品店のタイヤ保管サービスを使うと良い
  • 収納カバーやラックを使うことで、さらに良い状態でタイヤを保管することができる

本記事は、2019年5月30日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。