グーバイクアフター

バイクの買取や売る時に起こりがちなトラブルを防ぐには?

  •       

バイク買い取り業者に連絡をして、査定してもらい、契約をすればバイクの売却は終わります。しかし、簡単に見えるやりとりの中に、トラブルが発生する可能性が含まれています。今回は、想定されるトラブルや、トラブル回避の方法についてご紹介しましょう。

査定額が違う!?買い取り価格に誤差が出るトラブル

査定や買い取り依頼のときに発生するトラブルの中でも多いのが、査定金額に誤差が出ることです。まず、査定には以下の方法があります。

  • オンライン査定(インターネット査定)
  • 電話査定
  • 現物査定(店頭やバイク駐車場で直接見てもらう)

最も正確な査定方法は現物査定で、オンライン査定や電話査定はあくまでも目安です。オンライン査定や電話査定に誤差が出る理由は以下の通りです。

  • 売る側がバイクの状態(キズやカスタムなど)を正確に伝えていない
  • 売る側が気付いていない故障箇所などがある

もし、バイクに乗るのに致命的な故障があれば、査定金額が大幅に下がるのは明白です。実際に査定してもらうまでは、金額が下がるものと心得ておきましょう。

査定後や買い取り後に費用を請求されるトラブル

査定後や買い取り後に費用を請求されるトラブル

査定後や買い取り後に予想外の費用が発生するトラブルもあります。

買い取り完了後に理由をつけて金額を下げられる

業者がバイクを持ち帰り、点検や整備を行っているときに、査定時には気が付かなかったキズや故障が見つかった場合は、買い取り金額を減らされる可能性もあります。その旨が売買契約書に記載されていることもあるので、契約前に確認しておきましょう。

違約金や損害賠償を求められる

実は事故車であったことを黙っていると、トラブルに発展する可能性が高くなるでしょう。過去の事故歴をしっかりと報告するとともに、契約書に違約金や損害賠償に関する記載があるかを確認しておくことが大切です。

その他にもある!業者とのトラブル

金額面でのトラブルは確かに起こりやすいですが、以下の項目も比較的多いトラブルです。

  • 連絡が遅い
  • 手続きが遅い
  • 電話やメールでの催促がしつこい など

査定申込をしてから、返信や手続きが異様に遅い場合や、売ると決めていないのにしつこく連絡がくる場合があります。そのような業者とは、気持ちの良い取引ができない可能性があるため、買い取り依頼のキャンセルや、国民消費者センターへの連絡も考慮しましょう。

トラブルを防ぐにはどうすれば良いか

完全にトラブルをなくすのは難しいですが、以下のポイントに気をつければ極力トラブルを避けることができるでしょう。

売る側が心がけること

  • キズや故障、事故歴などバイクの情報は把握できる限り教える

良い買い取り業者を見極めるポイント

  • 査定時に減額になった詳細を丁寧に教えてくれる
  • 売買契約内容をしっかりと説明してくれる
  • 連絡や手続きなどスムーズに素早く行ってくれる

買い取り契約をスムーズに終えるには、売る側と業者の信頼関係が大切です。そのため、両者が誠実な態度で、必要な情報を伝えることが望まれます。

まとめ

  • バイクを直接見てもらうまで正確な査定金額は出ない
  • 契約後に買い取り額の減額や賠償金請求をされないために契約書の内容はしっかりと把握しておく
  • 連絡や手続きが遅く信頼できない業者とは極力取引しないようにする
  • トラブルを避けるためにバイクの情報は包み隠さず教える
  • 信頼ある業者を見極めて取引をする

本記事は、2018年5月30日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。