他人のバイクを売却する時に必要な委任状の書き方

バイクを売る時は、基本的に所有者本人が立ち会って契約を行います。しかし、友人や知人に頼んで売ってもらうことも可能です。他人にバイクを売ってもらう場合、また、他人のバイクを売るためには委任状が必要になりますが、どのように用意すればいいのでしょうか。今回は、委任状についてご紹介します。

委任状が必要なケースと入手方法

以下のケースで委任状が必要となります。

他人名義のバイクを売る

委任状は委任者と受任者の関係性を問わず、誰でも問題なく使うことができます。基本的に委任状は、契約する本人に記載してもらいます。委任状を用意するのは以下の通り、難しくありません。

  • インターネット上で書式をダウンロードしてプリントする
  • 車屋や買い取り業者でもらう(有料の可能性あり)
  • 白紙の紙にボールペンを使い作成する

もっとも簡単な方法は、ネット上にあるファイルをプリントする方法です。プリントできない場合は、自分で作成したものでも効力があります。

委任状の書き方

委任状の書き方

バイクを売る場合は、以下の項目を記載するようにしましょう。

  • 受任者氏名
  • 受任者住所
  • 自動車登録番号
  • 車台番号
  • 委任者氏名(名前の横に印鑑)
  • 委任者住所
  • 委任した年月日
  • 「受任者を代理人と定め、記載している自動車の売買契約に関する権限を委任します。」という一文を記載する。

記載する内容は、間違わないように気をつけましょう。インターネット上にアップされたものや、買い取り店からもらった委任状には、以上の項目が書式で記されています。また、書き方の例も載っていることが多いので、必ず確認しながら記載しましょう。

委任状を書くときの注意点

委任状を記載するときは、以下のポイントに注意しましょう。

  • 記載する内容に不備がないようにする
  • 捨印は信頼関係が十分な相手にだけ押す

委任状の内容が違う場合、所有者本人の修正がなければ、書類は意味のないものとなってしまいます。本人がいなくても捨印があれば修正が可能ですが、捨印は委任状に書いてある内容を自由に修正して良いという意味があるため、慎重になる必要があります。委任状を書くときは、間違いがないように注意して書きましょう。また、名義人の違うバイクを売る場合は、名義人に電話確認をすることがあります。そのため、売却のときはバイクの名義人と連絡が取れるようにしておきましょう。

まとめ

  • 委任状は他人名義のバイクを売るときに必要
  • 委任状はネットで入手できるが白紙にボールペンで記載しても有効
  • 受任者と委任者、バイクの情報を正確に記載する
  • 捨印は信頼関係のある人の場合にのみ押す(慎重に)

本記事は、2018年5月30日の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。