グーバイクアフター

バイクのグリップおすすめ8選!選び方や交換手順も解説!

  •       

バイクのグリップは種類が多いため、交換したいと思っていても、どう選べば良いのか迷う方もいることでしょう。

そこで今回は、バイクカバーを選ぶ際のポイントやバイクグリップの交換手順を解説します。併せて、おすすめのバイクグリップ8選をご紹介しますので、バイクグリップの交換を検討している方はぜひ参考にしてください。

バイクのグリップは走りを左右する重要アイテム

バイクのグリップは走りを左右する、大変重要なアイテムだといえます。なぜならば、走行中にライダーが常に触り続けるパーツだからです。

また、バイクではアクセルワークをグリップによって行なうため、操作性が大きく影響してくるでしょう。オンロード/オフロードを問わず、スポーツタイプのバイクでは、グリップの形状や太さ、材質などが操作性を左右します。例えば、細いタイプのグリップならスロットも開けやすいため、加速も良くなるでしょう。

また、グリップは衝撃吸収による快適性にも関係します。例えば、「樽型」と呼ばれる真ん中部分が膨らんだ肉厚のグリップなどはエンジンの振動を吸収し、手に伝わりにくくしてくれるのです。

このように、操作性や快適性を大きく左右するグリップですが、常に触り続けるものであるため消耗も早くなります。高温や直射日光などにさらされ劣化が進んだグリップでは、ライディングの心地良さも半減してしまうことでしょう。

グリップの交換は特殊な工具などは必要なく、比較的簡単に行なえます。バイクカスタムの第一歩として最適といえるでしょう。

バイクのグリップを選ぶ際のポイント

バイクのグリップを選ぶ際のポイント

それでは、バイクのグリップを選ぶ際に重要なポイントを見ていきましょう。

グリップはその重要さゆえ、さまざまなタイプが開発・販売されており、選択肢は多岐にわたります。「奥が深い」といえますが、サイズとエンドタイプ(貫通・非貫通)さえ自分のバイクに適合すれば、あとは好みの問題ともいえるでしょう。

グリップサイズ(径と長さ)

グリップを選ぶ際にまず確認が必要なのは、「内径」と「長さ」の2つで決まるグリップサイズです。

グリップ径は、ハンドル径によって大きく2種類に分けられます。一般的なスポーツバイクやスクーターなどで採用される7/8インチ(22.2mm)ハンドルに適合するのは、左は約22mm、右は約24mmのサイズです。一方、アメリカンなどに使われる1インチ(25.4mm)ハンドルに適合するのは、左は約25mm、右は約30mmのものとなります。

なお、グリップ径が左と右で異なるのは、グリップが左はハンドルに直接着けるのに対し、右はハンドルの外側に装着されたスロットルカラーの上に着けるからです。

ただし、スズキのスクーターは左:約19mm・右:約22mm、スーパーカブは左右とも約24mmなど、一部特殊なものもあるため注意しましょう。

また、グリップの長さについては、115mmや120mm、125mmなどさまざまです。純正グリップと同じ長さのものを選べば間違いはないでしょう。グリップが長すぎると、バーエンドやスイッチボックスに干渉してしまうこともあるため注意が必要です。

グリップエンド(貫通・非貫通)

グリップは端(グリップエンド)の処理により、穴が貫通したものと非貫通のものとの2種類があり、どちらを選ぶべきかはバーエンドの有無によります。バーエンドが付いているなら貫通タイプ、付いていないなら非貫通タイプを選びましょう。

ただし、非貫通タイプのグリップにバーエンドを付けたい場合は、カッターで端を切り落とすという方法もあります。

デザインや硬さはお好みで

グリップの形状やデザイン、硬さについては、ライダーの好みによるため正解はありません。操作性を重視するなら薄めの硬いグリップを、ツーリングなどでの乗り心地を重視するなら、衝撃吸収性の高いやわらかく厚めのグリップを選ぶのが良いかもしれません。

いずれにせよ、自分の乗り方や目的に合わせて選べば、失敗しにくいといえるでしょう。

防寒対策ならグリップヒーターもおすすめ

グリップに防寒性を求める人もいるのではないでしょうか。その場合には、通常のグリップとは少し異なりますが、グリップヒーターも選択肢に入ります。

ただし、グリップヒーターは電熱で温めるものなので、取り付けには配線処理が必要です。

バイクで疲れるのはグリップのせいではない?

バイクのグリップには、衝撃吸収の機能を持つものもあります。そのため、「走行中の疲れをグリップにより軽減できるのでは」と考える方もいるのではないでしょうか。

たしかに、グリップの交換により疲労が軽減されることはありますが、走行中の疲労軽減を考える際にまず重要なのは、疲労の原因を突き止めることです。

疲労の原因はグリップによるもののほか、いくつかあります。根本的な原因がグリップとは異なる場合、グリップを替えても疲労は改善できないでしょう。

バイクで疲れる原因には、大きく分けて次の3つが考えられます。

ブレーキ&クラッチレバーの位置が合っていない

疲労の原因としてまず考えられるのは、ブレーキとクラッチのレバーの位置が合っていないことです。

人間の指は伸び切っているときより、少し曲げているときのほうが握力は強くなります。そのため、ブレーキやクラッチのレバーの位置が自分の手に合っていない場合、手の疲労につながることがあるのです。

レバーの位置を自分の手に合わせる方法としては、純正で位置調整機能があれば、それを利用するのがよいでしょう。位置調整機能がない場合には、社外製のアジャスタブルタイプのレバーに交換することが解決法として考えられます。

グリップ以外でも衝撃吸収はできる

走行中の振動により疲れる場合、振動を吸収できるゲルタイプのレバーへの交換は、一つの方法でしょう。

上記以外の方法としては、ハンドルウエイトが挙げられます。重みのあるハンドルウエイトを取り付けることにより、制振効果が期待できます。また、衝撃吸収機能を備えたグローブを使用するという方法もあるでしょう。

ポジションが合っていない

ライディングポジションが合っていない場合にも、バイクでの疲労につながることがあります。不自然なポジションだとニーグリップが弱く、上半身が脱力できずに疲れてしまうからです。

この場合の解決策としては、ハンドルの取り替え、あるいはタンクパッドを装着してニーグリップを高めるといった方法が挙げられるでしょう。

バイクグリップの交換手順について

それでは、バイクグリップの交換に使う道具や手順を紹介します。

グリップ交換に必要な道具

グリップ交換に特別な工具などは必要なく、以下のような道具があれば行なえます。

・工具

工具はカッターやマイナスドライバーなど、車載工具に通常入っているもので十分です。バーエンドが付いている場合には、外すためにヘキサゴンレンチが必要ですが、それも車載工具に入っているケースが多いでしょう。

・パーツクリーナー

ボンドで固定されているグリップを外すために、パーツクリーナーが必要です。

・ボンド

取り付けたグリップを固定するためには、ボンドが必要です。

グリップ交換の手順

グリップ交換の手順を見ていきましょう。グリップ交換の基本的な流れは、取り外し⇒ボンド付け⇒装着となります。

①取り外し

グリップを取り外す際、バーエンドが付いている車種は、まずバーエンドを取り外していきます。バーエンドはヘキサゴンレンチで取り外せるでしょう。

ボンドで固定されているグリップの取り外し方は、取り外したグリップを捨てるか使い回すかで異なります。捨てる場合は、カッターで切ってしまうのが簡単です。その際、刃先でスロットルコーンを傷付けないように注意しましょう。

使い回す場合には、パーツクリーナーでボンドを剥がしながら取り外します。マイナスドライバーを差し込んで、グリップとハンドルのあいだにすき間を作り、そのすき間にパーツクリーナーを吹き付けましょう。ボンドがだいたい剥がせたら、グリップを回転させながら引き抜きます。

グリップを取り外したら、ハンドルに残っているボンドを、パーツクリーナーやへらを使ってきれいに取りましょう。

②ボンド付け

きれいにしたハンドルにボンドを塗ります。ボンドが多すぎると、はみ出してスイッチボックスに付着し、スロットルが引っかかってしまうことがあるので注意しましょう。

③装着

ボンドを塗ったハンドルに、グリップを回転させながら取り付けます。グリップは左右で内径が異なるため、間違えないよう注意しましょう。また、スイッチボックスに接触しないよう気を付けてください。

グリップの交換は基本的に簡単に行なえますが、ボンドが固着して剥がれないなどがあると、手間がかかります。作業に自信がない場合には、専門業者への依頼を検討するとよいでしょう。

お店での作業実績はこちらから見られます!
グリップに関する作業実績一覧

バイクグリップのおすすめ8選!

バイクグリップのおすすめ8選をご紹介します。

デイトナ グリッピーグリップ LINE

人間工学デザインを取り入れた、滑りにくく疲れにくい、デイトナオリジナルのグリップです。

外側にはグリップ力が高いやわらかな素材、内側には硬い素材が組み合わされた2層構造となり、疲れにくいことが特徴です。また、左右専用の表面パターンにより、アクセルを捻ったときにも滑りにくくなっています。

Amazonで見る

デイトナ PROGRIP 724タイプ

PROGRIPは、1960年にイタリア・ローマで創業した、グリップのトップブランドです。耐震ゲルの使用により、ハードなブレーキングにも耐えられます。適度な硬さとやわらかさを兼ね備えたグリップです。

Amazonで見る

デイトナ PROGRIP 601タイプ

724タイプと同じく、耐震ゲルを使用したグリップです。ハードなブレーキングにも耐える硬い素材のインナーラバーと、グリップ力に優れたやわらかい素材のアウターラバーの2層構造となっているため、手の疲労の軽減が期待できます。

Amazonで見る

ポッシュ Z2タイプ クラシカルハンドルグリップ

Z2純正グリップをモチーフにデザインされた、クラシカルなグリップです。耐久性が高く、ゴム臭のない塩化ビニール素材が使用されています。細身の径となっているため、しっかりと握れるでしょう。

Amazonで見る

SUPERGRIP バイク用カスタムグリップ

ロングセラーとなっている、シンプルなデザインのグリップです。やわらかめのゴムを使用していることで、グリップ力が高く滑りにくいのが特徴です。振動吸収力も高いため、疲れにくいでしょう。

Amazonで見る

domino ハンドルバーグリップ ストリートタイプ サーモプラスチックゴム

MotoGP世界選手権で、「サン・カーロ・ホンダ」チームと共同開発されたdominoグリップです。機能性はもちろん、人間工学により使いやすさが追及されています。インナーにやわらかな素材を採用しており、ソフトな握り心地を感じられるでしょう。

Amazonで見る

キジマ 八角グリップ 非貫通タイプ(8角)

グリップとしては珍しく、断面が八角形になっています。クセになる握り心地が特徴です。「八角の見た目がカッコ良い」と、ユーザーからも好評を得ています。

Amazonで見る

ヨシムラ グリップラバーSET

チューナー・レーシングチームを持つメーカーのヨシムラジャパンが、長年レースで使用しているグリップラバーです。

ライダーが直に触れ、エンジンに意思を伝えるグリップは、握りやすさ、操作性、疲れにくさなどがライダーに大きな影響を与えます。ヨシムラのグリップラバーの素材やデザインは、それらを考慮のうえ開発されています。

Amazonで見る

まとめ

バイクのグリップは、ライダーが常に触れて操作するパーツとなるため、操作性に直結し、振動吸収性にも関係します。グリップを選ぶ際には、サイズとグリップエンド処理の確認がポイントで、あとは好みの問題といえるでしょう。

バイクの疲れはグリップ以外が原因となることもあるため、疲労軽減はまず原因の特定が重要です。グリップの交換作業は比較的簡単ですが、自信がない場合には業者への依頼を検討するのもよいでしょう。

本記事は、2021年11月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。