昼間も?バイクのヘッドライト常時点灯義務について

バイクを運転する時は昼間もヘッドライトを灯すのが義務?最近免許を取った方は、あまり気にすることなく昼間のバイク運転をしていたかもしれません。夜間やトンネル内の点灯は自らの存在を知らせるために必要ですが、昼間のバイクの点灯はどうなのでしょうか?法律に基づいてまとめました。

昼間のバイク運転、ヘッドライト点灯は義務

昼間のバイク運転時にエンジンをかけると、ヘッドライトが灯る機種が多くなりました。これは、「道路運送車両法・保安基準32条(前照灯等)の7」という法律の中で決められているものです。

ハイビーム・ロービームの規定の他、原動機(いわゆるバイク)が作動している場合に常にハイビームかロービームのいずれかが点灯している構造でなければいけないと定めています。

つまり、エンジン始動と同時にヘッドライトが点灯することが、バイクの構造に組み込まれていることが法律で決まっているのです。点灯義務という言葉がありますが、ライダー側が義務を怠らないように点灯される仕組みが出来上がっています。

ヘッドライトの昼間点灯義務がないバイクもある

道路運送車両法が改正されたのが、平成10年4月1日です。これ以降に製造されたバイクに対しては、常時点灯の機構搭載が義務付けられています。それ以前に製造された二輪車には、この法律が適用されません。そのため、昼間点灯の義務もないのです。

とはいえ、経年経過とともに、改正前のバイクの走行も少なくなりました。昼間点灯の義務がないバイクと主張することは出来ますが、今ではバイクの昼間点灯・常時点灯が一般化しています。法改正前に製造されたバイクに乗っていても、事故防止に効果が大きいため、昼間でも運転時にはロービーム点灯を行うべきです。

昼間、安全に運転するにはロービームが基本

昼間、安全に運転するにはロービームが基本

ヘッドライトはロービームとハイビームの明るさの切り替えが出来ます。ロービームは「すれ違い前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」と言われています。ハイビームは「遠目(とおめ)」等と呼ばれることもあり、文字通り100m前方まで明るく照らし、視認性を高めてくれます。

ただし、ハイビームは明るさが強いため対向車の目を痛める可能性があります。そのため、対向車とすれ違う際にはロービームに切り替えることも法律の中に盛り込まれています。昼間はロービームが基本です。夜間走行の時は、存在を知らせるためにハイビーム走行を基本とし、すれ違いがある時はロービームに切り替える等、配慮した運転を心掛けましょう。

まとめ

バイクのヘッドライト点灯は法律で義務化されています。今のバイクは常時点灯の構造がなされていますが、古いバイクを運転する時も点灯させると安全度が高まります。また、昼間はロービームを基本とし、バイクの存在を周囲に知らせる工夫を行いましょう。

本記事は、2017年2月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。