今年も暑い夏、鈴鹿の夏がやってきた。

ホンダ CBR1000RR

 30年以上の歴史を持つ8耐。その開催地、鈴鹿サーキットはライダーにとっていつの時代も憧れの地だ。「気がつけば、8耐に来るのもこれで15回目ですよ。家族のことも考えて、今年はクルマで来ようかとも思ったんですが、やっぱりバイクで来てしまいました。家族!? おいてきちゃいましたよ」というオジさんがいたりで、毎年レースウィークには、日本全国から3万台以上のバイクが鈴鹿サーキットに集結する。  全員を誌面で紹介できたら……、絶対に無理です!! というわけで、ほんの一部になってしまいましたが、鈴鹿8耐に出場したバイクをご紹介します。




ホンダ CBR1000RR

ホンダ CBR1000RR

世界最高峰の二輪ロードレース「MotoGP」で培った先進技術を投入した、ホンダの水冷4ストロークDOHC 直列4気筒1000ccエンジン搭載の大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」。今回、スーパースポーツモデル用に世界で初めて開発した電子制御式「コンバインドABS」を搭載モデルを設定。コンバインドブレーキシステム(前・後輪連動ブレーキシステム)と、ABSの双方を電子制御化した。 CBR1000RRには、従来からパールサンビームホワイト、キャンディーグローリーレッドのスタンダードカラーに、レーシングイメージのトリコロールを加えた3色を設定する。


  • 排気量:999 cc
  • メーカー希望小売価格:1,390,000円

ヤマハ YZF-R1

ヤマハ YZF-R1

MotoGPマシン「YZR−M1」同様のクロスプレーン型クランクシャフトなどを投入し、リニアなトラクション特性を引き出し、コーナリング性能を向上させた1000ccスーパースポーツ「YZF−R1」。水冷・4 ストローク・並列4気筒F.I.(フューエルインジェクション)エンジンを採用。ヘッドライト一体式のエアインテーク、アップマフラーなどで躍動的なアート感を演出させた。フロントサスペンションには43mmインナーチューブ採用の倒立式、左右独立の減衰力機構フロントフォークを採用。ヤマハ1000cc スーパースポーツモデル国内発売は初めてとなる。


  • 排気量:997 cc
  • メーカー希望小売価格:1,417,500円

カワサキ ZX-10R

カワサキ ZX-10R

最高レベルのエアロダイナミクスを有するカワサキ ニンジャ ZX-10Rカワサキのスーパースポーツモデルを代表する『Ninjaシリーズ』 の大排気量モデルサイレンサーが右1本出しから2本出しアップマウントに変更MotoGPのZX−RRと同形のカウルデザインによりエアロダイナミクス向上


  • 排気量:997 cc
  • メーカー希望小売価格:1,323,000円

スズキ GSX-R1000

スズキ GSX-R1000

2001年、ブランニュー油冷エンジンを搭載した「GSX1400」は、インライン4気筒エンジンとしては最大排気量となる1,401cc。今回、スズキワークスカラーともいえる青/白を基調としたカラーリングが施された。国内最終モデルとなる「スペシャルエディション」は「勝利のスリーストライプ」を纏い、フューエルタンクには「S」マークではなく「SUZUKI」のロゴが入る。その他、ブラックアウトされたヘッドカバーとアルミ地を活かしたシリンダーヘッドフィンとジェネレータカバー。ホイールは濃紺で、フェンダーにもスリーストライプが入る。


  • 排気量:1401 cc
  • メーカー希望小売価格:1,047,900円

Goobikeがおすすめするゼッタイに失敗しないバイク選び!

  • スクーター

    個性満開、よりどりみどり
    スクーターの勢いは止まらない!?

  • ネイキッド&ストリート系

    バイクの基本形には、走って楽しく
    使って便利な、万能選手がズラリ

  • アメリカン系

    スタイルと乗り味に惚れ込む
    アメリカンはフィーリングで選べ

  • オフ/モタード系

    使い勝手が良いオフ系バイク
    モタードなら舗装路も楽しい

  • スーパースポーツ系

    走りを極めたいユーザーは
    スーパースポーツに行き着く

  • ニュージェネレーション

    先駆者は、姿かたちも個性的
    最新テクノロジーを体感しよう